妊娠中の食べ物・飲み物

妊娠すると様々な変化が体に起こりますが、食べ物や飲み物の好き嫌いが極端になったり、変化したりすることはよくあることです。
俗に言う『つわり』の状態とも言えますが、嗜好が変わるという表現の方が合っていると思われます。

妊婦さんによく『飲んだり食べたりして、良い物、悪いものはありますか?』という質問を受けます。
私の答えはいつも同じで、『飲みたくなったらどんな物でも飲む』『食べたくなったらどんな物でも食べる』と言います。

さらに『それが美味しいと感じているうちは体(又は胎児)が必要としているし、美味しくなくなったら必要でなくなったから辞めれば良い』と言うようにしています。

お酒、タバコ、炭酸飲料、ジャンクフード・・・。
医療機関や情報誌では全て否定されそうなものですが、体が必要としているのだったら、何でも飲んで食べれば良いのです。

それこそ昔の人は『土壁』まで食べていたぐらいですから。

とにかく妊娠中だけは、人の意見や情報に惑わされること無く、自分の感覚を信じることです(*^。^*)!

関連記事

・妊娠中の調整(マタニティ整体)と話しかけ
・妊娠中の運動
・妊娠中の調整時期
・妊娠中の腰痛
・マタニティ整体