不育症

不育症に対する対応(治療)は病院によって様々なようです。

バイアスピリンの服用にしても、ヘパリンの自己注射にしても病院によって使用期間も様々なようです。

病院(先生)の説明を良く聞きましょう。

わからないことはどんどん質問しましょう。

もし対応が悪かったら別の病院も視野に入れましょう。

とにかく納得して治療を受けることです。

十月十日は長いですから、不安が必ず出ます。

そのとき先生(病院)を信頼できるかどうかはとても重要です。

関連記事

・不育症と習慣性流産
・妊娠菌は存在する!?
・不妊症の原因
・不妊症と冷え
・子宝・子授かり整体