胎教整体

妊娠中の調整は胎児の発育を促す『手当て法』を主として行います。

お腹の中から手当て法を行っていた赤ちゃんは生まれてきてからの輝きが違います。

胎児に必要なのは、お腹の中にいるときから『いかに自分に意識を集中してもらっているか』ということです。

話しかけをするのも、散歩をするのも、すべて胎児に意識を向けるために行うことが重要です。

胎児に意識を向けないで行うすべての妊娠中の行動は、胎教にはなりません。

胎児に意識を集中する方法としてお勧めしているのが『手当て法』です。

当院では自宅で出来る手当て法も伝授しておりますので、妊娠中方はぜひお受けになってみて下さい。

関連記事

・マタニティ・胎教整体
・数で観る 赤ちゃんの名付け
・臨月でも調整できます
・妊婦の腰痛
・カテゴリー「 マタニティ・胎教整体 」の記事