子宝アイテムとして人気の「原坊の朝顔」の育て方です。
本日から「成長日記」と題名を変えてお送り致します。

原坊の朝顔の種が欲しい方は、「問い合わせ」からご連絡下さい。

種の初処理から5週間後の状態が下の写真です。
IMG_7828
本葉4枚がしっかりして、5枚目の葉が大きくなってきました。

上の写真から一週間後(種の初処理から7週間後)が下の写真です。
IMG_7830
5枚目の葉が大きくなると同時に、6枚目の葉が付いている茎が伸び始めました。
先端には7枚目の葉が付いていますが、茎が支柱に絡み始めました。
IMG_7832

さて、もうそろそろ「摘心」の時期となります。
本葉が8~9枚出たら、5枚目の葉の上で摘心をします。
摘心をすることでつるの本数を増やし、花つきを良くし、花数を増やします。
我が家も去年まで摘心をせずに育てていましたが、本づるだけで育てると茎ばかり伸び、花数も少なく、花が咲く時期も遅くなります。

今年は初めての「摘心」に挑戦し、「あんどん仕立て」を作り上げたいと思っています。
前回も触れましたが、朝顔は夜間に真っ暗にしないと花つきが悪く、開花時期も遅れるので、置き場所が重要になります。

夜間に街灯で明るくなるところには、置かないようにしましょう。
我が家も去年まではそんな場所に置いていたので、開花時期も遅くなり、花数も少なかったです。

次回は摘心の模様をお伝えできると思います。

過去の原坊の朝顔の育て方

「原坊の朝顔の育て方 その1」・・・種の処理 
「原坊の朝顔の育て方 その2」・・・種の植え付け
「原坊の朝顔の育て方 その3」・・・双葉
「原坊の朝顔の育て方 その4」・・・発芽状況
「原坊の朝顔の育て方 その5」・・・本葉
「原坊の朝顔の育て方 その6」・・・水やり
「原坊の朝顔の育て方 その7」・・・品種と日照

もっと詳しく知りたい方は、「原坊の朝顔」をご覧下さい。