毎年恒例、足立の花火大会は7月18日(土)に開催されます。

足立の花火は、夏の花火の中ではかなり早い時期に開催されるので、花火シーズン到来を告げる花火として定着しています。

しかし、足立の花火は公共交通からのアクセスが悪く、行きづらいのが難点です。

今日は、小台で暮らすことうん十年の院長が穴場や場所取りをお教え致します。

足立の花火 場所と日程

2015年7月18日(土) 午後7時30分~8時30分
※荒天時は翌日19日(日)に順延、両日荒天の場合は中止

場所:荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

1時間に打ち上げられる球数は、12,000発!

足立の花火の特徴は、音楽に合わせて打ち上げるところです。

第1幕(19時30分) ♪Don’t Stop Me Now(Queen)

第2幕(19時47分) ♪やさしさに包まれたなら(荒井由実)

第3幕(20時06分) ♪みんなの『いいね!』で音楽花火
♪Stay Together(Mr.Big)

第4幕(20時15分) ♪ultra soul(B’z)
♪威風堂々(エルガー)

足立の花火は4幕構成ですが、それぞれにテーマがあり、そのテーマに沿った花火が上がります。

第1幕 夢見る君へ
今年の足立の花火は、新企画「こどものゆめを かなえるはなび」からスタートします。明日を夢見るこどもたちへ、花火師さんからのプレゼントです☆
そして、音楽花火の1曲目は疾走感のあるロックナンバー。
12,000 発、濃密なプログラムの幕開けです。

第2幕 恋する君へ
ブルーやピンク、パープルなどの淡い色の花火を使い、やさしい光を創り出します。
ハートの型物やピンクの花火で愛の芽生えを表現し、最後はカスミソウの花束で大きな幸福を描きます。

第3幕 あの日の君へ
第3幕は、新企画第2弾「みんなの『いいね!』で音楽花火」でスタートします。
みなさんの投票で選ばれた曲と幅300mの特大ナイアガラがコラボレーション!
どの曲が流れるかは当日までのお楽しみ♪

第4幕 未来の君へ
最終幕は、未来のあなたへ、満ち溢れる希望の光をお届けします。軽快な曲に合わせて花火が踊る様子は、まるで楽しい夏祭りのよう。
そしてクライマックスは「威風堂々」の音楽に合わせて、黄金に輝く「満開のしだれ桜」が夏の夜空いっぱいに咲き誇ります。

見ごたえがあるのは第3幕の特大ナイアガラと、第4幕クライマックスの「満開のしだれ桜」です。

どうです。観たくなってきませんか!?

穴場 場所取り

足立の花火は電車でのアクセスがホントに悪いんです。
・北千住駅からだと徒歩15分くらい(1200mくらい)
・東武伊勢崎線・日光線の五反野駅・小菅駅・梅島駅からだと1500m前後で徒歩15分以上
・日暮里・舎人ライナー足立小台駅からだと徒歩25分(2000m以上)

バスも出ているのですが、午後6時から午後10時頃まで打ち上げ場所周辺の広範囲の道路にて車両通行止めになるためあまり近いバス停が無いのです。

特に北千住から国道4号線沿いで千住新橋までの間にはバス停が中途半端なところにしかなく、北千住駅はあまりお勧めではありません。(ひょっとしたら当日は臨時バス停ができるのかもしれませんが聞いたことありません)

電車をご利用で会場の近いところで観たければ、地下鉄千代田線の町屋駅がお勧めです。
歩くと会場までは20分くらい歩かなければなりませんが、最近は「町屋駅」発の臨時バスが運行されています。(詳しくは当日都バスのホームページ等でお調べください)

王子駅からもバスが運行されていて会場にかあり近いところに停留場があります。
ただ、王子駅からだとバスに乗っている時間もかなり長いんですよね・・・。

私(院長)の個人的お勧めとしては、日暮里・舎人ライナーの足立小台駅を利用することです。

足立小台駅は荒川河川敷の上に駅があるので、駅を降りたら花火が即観えます。
花火を観ながらなら20分ぐらいの歩きも出来るんじゃないかと思います。
ただし何にもなくなると帰りがちょっと大変ですが・・・。

ナイアガラを観なければ、足立小台駅近辺で土手にシートを広げて観てしまうのもアリだと思います。

近隣の方であれば、自転車でも行けます。
駐輪場がありますが、最も打ち上げ場所に近い土手の駐輪場はどこに置いたかわからなくなるので、自転車の方は気を付けて下さい!

娘が生まれる前、よく花火を観に行きましたが、7時位に行っても2人分くらいのところならなんとか確保できます。

足立の花火が隅田川の花火と決定的に違うのは、定位置で観れることです。
※隅田川の花火は基本歩きながら観なければならないのです。

結婚する前に観に2人で観に行った時は、打ち上げ場所の目の前で土手に座りながら観ましたが、風向きが悪く、花火の燃えカスがどんどん降ってきて大変だった思い出があります。

もう一つ穴場としては、あらかわ遊園です。

あらかわ遊園では、足立の花火の時に限り6時以降も入園可能になり、しかも6時以降の入園料が無料になります(乗り物は別途料金がかかります)。

観覧車から観る足立の花火はなかなか見ごたえがあるんですよ!

今年も開場してくれるのかは分かりません。

そちらの情報も分かりましたら、またお知らせ致します。