原坊の朝顔とは?

IMG_7886
一般には桑田夫妻がまだ子供がいなかった新婚のころに、事務所近くの道路わきで見つけた朝顔の双葉を持ち帰り、大切に育てたその朝顔の種をファンの方々にプレゼントしたのが始まりだと言われています。

2017年の原坊の朝顔の種は第33代の種と言われています。
桑田さんご夫妻が育てた原坊の朝顔を初代(第一代)とするならば、1985年に拾って育てたことになりますが、逆に最初にファンの方々にプレゼントした種を初代(第一代)とするなら、1984年に拾って育てたことになります。
ちなみに自然発芽して双葉になっていたのですから、おそらく5月のことでしょう。

桑田佳祐さんと原由子さんが結婚されたのは、1982年2月28日です。
桑田夫妻の長男の誕生日は1986年2月10日ですから、結婚後4年経っての第一子誕生ということになります。

2月10日の生まれですから、妊娠前の最終月経は1985年5月だったことになります。
サザンオールスターズsas-fan.netでバイオグラフィーをみると、1985年6月に産休に入っていますから、妊娠初期から大事をとって妊婦生活を送っていたことがわかります。

もし、先ほど書きましたように初代が1985年に拾って育てたものであれば、1985年5月に拾ったことになり、まさに妊娠菌を運んできたことになります。
※1985年か1984年かご存知の方がいたらご連絡下さい。

プレゼントされた種を育てた方々から、妊娠・出産に至った方々が多く出たようで、いつしか原坊の朝顔は子宝アイテムになっていったのです。

今でもサザンオールスターズの公式ファンクラブでは毎年種を送っているようで、種を送られた方には「里親任命証」なるものが一緒に送られてくるようです。

原坊の朝顔の種
里親任命証

貴殿を第〇〇代目
朝顔の里親に任命いたします。

サザンオールスターズ応援団
初代里親 原由子

このような文面の任命証だそうです。

当院の原坊の朝顔の種

当院に原坊の朝顔の種がやってきたのは、東日本大震災のあった2011年のことでした。
子宝希望の方々に妊娠・出産に至るアイテムが、何か無いかを探していた時に出会ったのが「原坊の朝顔」でした。

原坊の朝顔を我々にお譲り頂いた方は、2度の流産の後、25代目の原坊の朝顔の里親となり、朝顔を育て始めたその年に妊娠、翌年出産に至った方です。
我々が頂いた種はこの方が翌年も花を咲かせ、種を採取したもので、27代目の原坊の朝顔の種でした。
実はお譲り頂いたときには、2人目の赤ちゃんを妊娠中(その後出産)で、まさに妊娠菌付の原坊の朝顔の種でした。

その種を毎年、赤ちゃん待ちの方々にお分けして、妊娠・出産に至った方々からお返し頂いた種を、さらに皆様にお分けしております。
こうして縁起の良い妊娠菌を引き継ぎながら、2017年皆様にお分けしている種は33代目の種です。

妊娠菌たっぷりの「原坊の朝顔の種」を育ててみたい子宝希望の方は、「問い合わせ」からご連絡下さい。
ご遠方の方にもお分けしております。

もちろん「子宝・子授かり整体」をお受けになって頂いている方には、皆様に差し上げております。

原坊の朝顔の育て方

原坊の朝顔の育て方をブログ(画像付き)で公開しております。
「原坊の朝顔の育て方 その1」・・・種の処理 
「原坊の朝顔の育て方 その2」・・・種の植え付け
「原坊の朝顔の育て方 その3」・・・双葉
「原坊の朝顔の育て方 その4」・・・発芽状況
「原坊の朝顔の育て方 その5」・・・本葉
「原坊の朝顔の育て方 その6」・・・本葉2枚
「原坊の朝顔の育て方 その7」・・・品種と日照
「原坊の朝顔」成長日記 その8・・・本葉5枚
「原坊の朝顔」成長日記 その9・・・摘心
「原坊の朝顔」成長日記 その10・・・摘心後の管理
「原坊の朝顔」成長日記 その11・・・開花
「原坊の朝顔」成長日記 その12・・・種収穫