第4回正體術勉強会のご報告

第4回正體術勉強会

11月28日(水)に第4回目の正體術勉強会を行いました。

今回は新たな2名の先生のご参加と、通称「トントン体操」の継承者の先生にご出席頂き、総勢6名での開催となりました。

第2回、第3回とトントン体操の実演と、練習を繰り返して参りましたが、今回は継承者の先生のトントン体操を出席者全員が受けました。

先生はトントン体操を施しながら、一つ一つ丁寧に解説して下さいました。

一つ一つ丁寧に解説をし、皆の質問に答えながらトントン体操を5名に施して頂いたので、3時間もかかってしまい、こちらとしても申し訳なく思ってしまいました。
(※本来トントン体操自体は、一人に対しておそらく15分前後ではないかと思います。)

野口先生以来の衝撃

正直な感想としては、「やべえ!これやべえ!」でした(言葉が汚くてすみません)。

2003年12月に整体協会で野口裕介先生に初めてお会いし、2004年2月に個人的な質問を聞いて頂いたとき、同年5月から個人指導を受けた時以来のわくわく感でした。

やっぱり人間の体を調整するのは、「職人の仕事」だなと改めて思いました。

昔ながらの職人がそこにはいました。

技の利かせ方、呼吸の取り方、間合いの取り方、どれをとっても「やばかった」です。

やはり「トントン体操」は「トントン体操」として、そのままの型を残さなければいけないなと思いました。

今後はトントン体操の技を磨いていくことが、「正體術矯正法」を勉強する上で重要なのではないかと思っています。

参加者の意見を聞きながら、年明けにでも第5回正體術勉強会を開催したいと思っています。

正體術勉強会 参加者募集中!

正體術勉強会では参加者を随時募集しております。

勉強会ですので、参加費はありません。

高橋迪雄先生の「正體術」「正體術矯正法」にご興味のある方で、参加希望の方は「問い合わせ」からご連絡下さい。

たくさんの方のご参加をお待ちしております。